売上のもう一つの柱餃子テイクアウトとお弁当だけで1日45万円の売上達成
餃子テイクアウトとお弁当で日売45万円の取り組みをご紹介
新型コロナウィルスの影響の中、東亜グループ直営餃子専門店「浜太郎」がこのGW期間中、
店内飲食を休止したにも関わらず、餃子テイクアウトとお弁当で1日45万円、月商620万円の売上を達成しました。
その取り組みをご紹介いたします。

餃子テイクアウトの魅力

POINT
1

餃子は国民食で不況に強い
栄養バランスが良く、価格がリーズナブル。健康面・経済面共に優れた老若男女問わず人気食品です。

POINT
2

省人化、脱職人体制の実現
機械化・オペレーションの簡素化によって大量生産と安定供給が実現。高回転率のサービスが可能になりました。

POINT
3

原価率15%の優位性
餃子は原価率15%と低く、テイクアウトはさらにコストがかからないので、低価格販売が可能です。

テイクアウト強化の主な取り組み

POINT
1

魅力的な商品と価格の実現
自店の強みを生かした差別化を図りました。加えて、餃子は原価率も低く、テイクアウトはコストもかからないので、魅力的な販売価格が実現しました。

POINT
2

販売促進
のぼり、パンフレット、店頭告知、ホームページ告知、新聞折込、野立て看板も利用。その他にもGoogleや食べログ、フェイスブック、LINEなどできることはすべて行いました。

POINT
3

お客様目線での発想
とかく売り手都合の発想になりがちですが、お客様目線ですべての準備を行いました。

テイクアウトに強い浜太郎の店舗モデル

エリアやターゲットに合わせた4つの店舗モデルとそれを支えるセントラルキッチン(工場)で「食の安心安全」と「おいしさ」を提供します。

餃子専門店 浜太郎 店舗紹介

半田山店(中規模店)

店舗情報:33坪、35席、駐車場25台

<業態・特徴>
  1. 郊外型の餃子専門店(イートインとテイクアウトのバランス重視)
  2. 客層:ファミリー、主婦、サラリーマン
  3. テイクアウト売上比 40%

小池町店(小規模店)

店舗情報:16坪、14席、駐車場10台

<業態・特徴>
  1. 郊外型の餃子専門店(テイクアウト重視)
  2. 客層:主婦、サラリーマン
  3. テイクアウト売上比 60%

餃子センター(大規模店、工場併設)

店舗情報:151坪、75席、駐車場30台

<業態・特徴>
  1. 郊外型の餃子専門店&セントラルキッチン(工場)
  2. 客層:ファミリー、主婦、サラリーマン、観光客、団体客
  3. テイクアウト売上比 35%
  4. 直営店・FC店へ餃子と食材を供給
  5. その他、業務用卸、通販発送などの拠点

駅前店(餃子酒場)※2019年 NEW OPEN

店舗情報:1F ・35坪 60席、2F・35坪60席

<業態・特徴>
  1. 駅近繁華街の餃子居酒屋
  2. 営業時間:17:00~24:00
  3. 客層:サラリーマン、友だち、カップル、観光客

浜太郎の実績

  • 2012年 餃王座グランプリ受賞
  • 2014年 新浜松餃子プレゼン大会グランプリ受賞
  • 2014年 TBSテレビ「マツコの知らない世界」で紹介されました
  • 2017年 テレビ東京「未来世紀ジパング」で紹介されました
  • 2019年 テレビ東京「カンブリア宮殿」で紹介されました
餃子専門 浜太郎&工場の見学会 開催中

このような方におススメ

  • コロナの影響による今の状況を打開したい
  • テイクアウト・お弁当を強化したい
  • 餃子専門店を始めたいがノウハウがない
  • 飲食店を経営しているが、新たな成長業態を探している

見学会のポイント

POINT
1

コンセプト、メニューづくり
事業計画を明確に策定し、店づくりに反映するポイントを説明します。

POINT
2

省人化・脱職人化
品質を落とさずに数を売るうえで、機械化の高効率性がご覧いただけます。

POINT
3

収益の優位性
原価率の低い餃子で高い収益を実現する仕組みを説明します。

POINT
4

集客や販促
販促活動やキャンペーンをどのように打ち出したかをご覧いただけます。

見学会の流れ

11:00~ 餃子製造工程の見学(工場見学)
店舗見学
12:00~ 店舗にて会食
13:30~ 中規模店舗・小規模店舗見学
14:30~ 浜太郎社長による質疑応答 ※希望者のみ
17:00~ 餃子居酒屋(駅前店)見学 ※希望者のみ
※日時によってはご希望に添えない場合もございます。詳しくは、お問い合わせください。