全自動餃子製造機 TX-16 フルオプションタイプ
業界初のHACCP対応機
5分で洗浄部品が外せる衛生仕様
  • 10,000個/時間
  • HACCP対応
  • 200V仕様
  • 全自動

商品情報

商品概要

全自動餃子製造機TX-16を中心に、スクリュー麺機と自動整列機を取り付けた自動化オーダーメード設計です。製麺から餃子の成形、整列までを完全自動化し、1時間に10,000個の効率生産を実現します。
さらなる省人化と効率アップをお望みのお客様に、抜群の利便性をご提供します。

特徴

  • 餃子のサイズ、具の分量などお客様の仕様で設計
  • 餃子の皮を自動製麺
  • 残皮をスクリュー麺機に戻して再生
  • お客様がお使いのネットやコンベアに合わせて6〜12列まで自動整列可能
  • お客様がお使いのバットやトレーに自動で並べることが可能

仕様諸元

能力 10,000個/時
成型パレット数 16個
取り出しコンベアー 自動幅寄せ方式
麺ローラー幅 230mm
多加水麺送込み エアーシャワー方式
製品送出し形態 コンベア上並べ(6・9・12列の各仕様選択)
エアー供給方式 現地設置品を使用(本機には未装着)
機械本体寸法 3310mm×1743mm×1665mm
電気動力 本機駆動 3相200V 0.750kW
スクリュー駆動 3相200V 0.090kW
麺機駆動 3相200V 3,000kW(1段1,500kW、2段1,500kW)
機械総重量 1250kg

動画紹介

オプション製品

スクリュー麵機

きめ細かな麺シートを短時間で作る上、
残皮を自動で再利用します。

特許取得の2軸スクリューできめ細かな麺シートを短時間で準備します。面倒な皮をつくる作業を省略し、効率化・省力化を実現する上、皮を打ち抜いた後の残皮を自動的に再利用してロスをなくします。全自動餃子製造機TX-16と連結してご利用ください。

サブ麵機

手軽に麺厚を微調整できる、
大型ハンドル式のサブ麺機。

生地を薄く延ばす工程では、生地が厚いまま麺機に通すと、麺質が悪くなり食感や味に違いが出てしまいます。また麺機自体にも負担がかかるため、特に大量生産を行なう場合は長期的な耐久性やランニングコストに不安を生じかねません。
「サブ麺機」は、圧延工程を2段階で行なうというシンプルな発想で、機械的な負担を減らしつつ薄くて美味しい皮を実現します。

自動整列機

大量生産と省力化を両立。
後工程の手間を省く自動整列機。

製造ラインの省力化をさらに進める、「自動整列機」。全自動餃子製造機に連結することにより、製品をトレーやバットに詰める工程を自動化します。さらに容器供給装置を設置すれば、トレーやバットの供給も自動的に行なうことが可能です。

次の成功事例は、あなたです。
東亜工業の餃子製造機のお客様の声をご紹介します。


事例紹介ページへ